ルナメアACとファンケルは似たような効果を言っています。

ですが、お値段に違いがあるためどちらがいいのか迷ってしまいます。

そこで、ルナメアACとファンケルを比較し、どちらがおすすめのニキビケアなのかみていきましょう。

ルナメアACとファンケル、両者のニキビケアについて

ニキビケアを目的とした化粧品はごまんとあります。
ニキビは大人から子供まで悩んでしまう代表的な肌トラブルです。

 

その中でもとくに注目されているのがルナメアACと有名なファンケルアクネケアです。

両者とも非常に人気があり口コミも良いものが多いです。
では、ここで今一度それぞれどんな特徴があるのかまとめましょう。

 

ファンケルは、女性で知らない人はいないと言われるほど有名な化粧品会社です。

その中でもニキビケアに着目した製品がファンケルアクネケアです。ほかの製品とは完全に異なり、ニキビのみに着目した製品です。

 

「無添加」はそのままで、合成化合物や着色料、防腐剤など肌に悪いものは一切使われていません。

 

保湿成分にもこだわり、マルビジン含有花エキス、プルーン酵素エキスなどと言った植物成分を使用していることで肌に優しいと言っています。

 

ですが、人によっては合わない場合もありますので、悪い口コミも少なからずあります。

量の割にコスパが悪い、さっぱり感が強く保湿されている感じがしない、乾燥肌の人には向いていないなどという声もあがっています。

 

ルナメアACの口コミはどうなの?

ルナメアACは、ニキビ肌で悩んでいる方の中では非常に有名です。
製造元は富士フィルム社です。フィルム製造界では先駆け的存在であるため、日本国内では知らない人はいません。

 

そんなフィルム製造技術を応用してスキンケア商品に生かし、独自開発されたのがアクネシューターです。

 

アクネシューターとは、ルナメアの保湿主成分であるグリチルリチン酸ステアリルをナノ化し、毛穴に入り込みやすいようした成分です。

この成分は油分になじみなすく水分には強いため、ニキビの原因となる汚れや皮脂を取り除き、保湿成分を肌の奥まで届ける作用があります。

 

そのため、ニキビの原因の元となる毛穴汚れの改善と乾燥を防ぐため、何を使ってもあまり効果が得られなかったのに、ルナメアを使い続けたら治ってきたという声がたくさんあがっています。

 

ファンケルもルナメアも、それぞれ良い特徴があります。
口コミだけで判断するのも良いですが、一番は自分の肌にあっているどうかです。

 

どちらが自分に合うのか試してみたい方は、トライアルキットがありますので、そちらで一度試してみてください。